家族

法と行政のサービス

生きていく上でトラブルに見舞われたり困り事がおきたりします。

トラブルや困り事など自分で解決できれば問題はないのですが、1度おきてしまったトラブルや悩み事は簡単に解決することは非常に難しくなります。 そんな時に頼りになるのが街の法律かと言われている行政書士です。 行政書士は省庁や都道府県、市区町村、警察署、保健所などの官公署に提出する書類の作成から遺言書の作成、相続手続き業務など様々な業務を行う、毎日の暮らしに役立つ行政手続きのスペシャリストと言えます。 この行政書士はテレビドラマやコミックなどで認知度が高まったことから、行政書士という仕事に就きたいと国家試験を受ける人が増えています。 しかし行政書士は国家試験でも難易度が高く、合格率は毎年10%を下回っています。

行政書士になるためには試験に合格する以外にもあります。

それは弁護士・弁理士・公認会計士・税理士のいずれかの資格を有する人です。 しかしこれらの資格は行政書士よりも難易度が高いとされているので、行政書士になるためにこれらの資格を取得することは更に大変になります。 行政書士になるためには独学で勉強する人もいますが、大学や専門学校、通信講座で知識を学ぶ方法が効率的です。特に社会人で仕事をしながら資格取得を目指している人には通信講座がオススメです。 独学では得ることの出来ない知識も大学や専門学校、通信講座では学べますし、試験対策も出来ます。 難易度の高い国家試験ですが、きちんと勉強していれば合格することができます。 行政書士の国家試験に合格する人は諦めず努力をしてきた人です。