家族

過払い金請求

過払い金の請求をしたいなら弁護士に頼もう

現在、過払い金の相談サービスを行っている弁護士が多いです。過払い金は貸金業者に支払ったグレーゾーン金利による利息のことで、放置していると戻ってきませんが、弁護士に依頼をして、貸金業者に対して返還請求を行うと戻ってきます。戻ってくる割合については貸金業者の対応によって違い、返還請求額を満額すぐに返還してくる業者もありますし、請求額の一部しか返せないと言ってくる業者もいます。後者のような業者から全額返還を目指す場合、弁護士を訴訟代理人として裁判を起こすことになります。 しかし、過払い請求にも時効があるため、将来的に過払い金請求を請け負う弁護士は今よりも少なくなっていくでしょう。当然、貸金業者側にも法律の専門家がついているので、請求をしたとしても時効の援用をしてくることは確実だからです。

過払い金請求を依頼する場合の注意点

では、弁護士に過払い金の請求を依頼する場合は、どういったところに注意すればいいのでしょうか。 まず、依頼前に、満額でなくてもいいのですぐにお金を返してほしいのか、それとも時間がかかってもいいので満額を返還してほしいのかを決めておきましょう。それによって弁護士がどのように貸金業者と交渉していくのかということが変わってくるからです。 方向性を決めてから弁護士の選定に入りますが、注目したいのは過払い請求に強いかどうかです。過払い金請求は、借金を返せと言うことと同じなので、一回だけ言ってあとは何もしないということでは、まともに返ってこないことが多いです。返す気がないなら裁判をするし、差し押さえもするという風に積極的に行動出来る弁護士が強いので、そういった弁護士を探すようにしましょう。