家族

賢い相続

相続税が上がっています。

2015年から相続税の課税が強化されているのをご存じな方も多いと思います。今まで相続税には縁がないと思っていた一般家庭でも相続税の支払いを求められ可能性が高まっています。 税金の申告には税理士を依頼することがほとんどだが、その依頼費用が意外とかかります。また、相続税は税理士試験の必修科目ではないため、税理士といえども相続税を扱った経験がない人も多のです。そのため全国にいる税理士7万4000人だが申告数は5万2000件と税理士の数を下回っています。 税理士を依頼する場合も、経験があるかないかをきちんと確かめてから依頼する必要があります。 税金を少しでも減らすために、保険を利用する家庭も増えているとのこと。かつては数億の資産家がとっていた方法ですが、最近は一般家庭でも保険に際あにゅうするケースが増えています。

教育、結婚、子育て贈与なら大丈夫か

教育、結婚、子育て資金として祖父母や親が子どもに贈与するものですが、これも相続税を少しでも減らすために利用されています。 いずれも、資金を信託銀行などの金融機関に預け、そこから引き出して使うというもので、利用期限を過ぎると課税の対象になります。 結婚・子育て資金は20歳以上50歳未満の方が受け取ることができます。教育資金は30歳未満の方に限定されます。それ以上の年齢になったとき残金があればその残金に課税がされてしまいます。 また教育資金の場合は、贈与した方がもらう人が30歳前に亡くなっても相続税の対象にはなりませんが、結婚・子育て資金の場合は、もらう人が50歳になる前に贈与した人が亡くなると相続税の対象になるので注意が必要です。