家族

離婚と弁護士

現代までの離婚問題の変遷。

以前であれば、離婚の数自体それほどではありませんでした。離婚は現在ほど活用されるような時代でもありませんでしたし、女性側の地位も低くみられていて、泣き寝入りすることが多かったと思います。その分男性は割に寛大に許容されてきたとも言えるのではないでしょうか。現在はもちろんそういう時代ではありません。女性の発言力も立場も、権利意識も強くなってきました。したがって、離婚の自由もあって、割に悲観的ではないケースもたくさん見られるようになってきました。むしろ自分の人生を切り開くための離婚というものが、あり得る時代になってきたのです。裁判所自体も破綻してしまった婚姻関係を持続するよりはお互いのために離婚をするという方向へと変遷してきているように感じられます。

離婚専門弁護士の活躍する時代。

離婚件数が増加すれば、紛争も増加するので、離婚専門の弁護士という看板でも経営が成立するようになります。特化された事務所であれば、扱う案件の多さもあって、相場というものをより正確に把握できていますので、安心感がありますし、実績が重視されますので、扱い件数も相当数あれば、予測も立てやすくなります。都市部であれば離婚専門弁護士で打ち出している方々もたくさんいらっしゃいますし、離婚専門と言わなくても、どんな弁護士でももちろん受任していただけます。法律的に審理されることには相違がありません。ただこのように離婚専門弁護士なりの特化された事務所で勝負していかなければ差別化できない時代に突入したのかもしれません。